忍者ブログ
<<このブログは、宗教団体「幸福の科学」の様々な内部告発や退会者の方々の情報をまとめ、現信者の親友Kさんに参考にしてもらうためのものです>>
メッセージ
【remonstrateHS氏のメッセージ】選挙騒動、離婚騒動によって教団ぐるみで隠蔽されている「大川隆法の劣悪な人間性」と「幸福の科学の悪質な実態」「教義と霊言のウソ」を知り、つい最近「脱会」した元信者です。 身内や知人が「教団の被害」に逢われている方、脱会を検討している現信者の方の「脱会の手助け」になれればと思います。 支部精舎での活動実態、総合本部・政党の実態など、私が(婦人部)活動中に知りえた「内部の事実」をお伝えします。 教団が発表するお決まりの「ウソ情報」「大本営発表」に騙され踊らされないように、正しい情報を見極める力を持って頂ければと思います。
<当ブログは「remonstrateHS氏」に感謝と敬意を込めて作られています。>
プロフィール
HN:
オーケー
性別:
男性
自己紹介:
宗教団体「幸福の科学」に約二十年間在籍していた元信者です。幸福の科学が信者に見ないように指導している内部告発、退会者からの情報や意見を、現信者である親友Kさんのための参考資料としてまとめていこうと思っています。
ブログ内検索
28
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011.10.14 Fri
映画の「興行収入」が語る -信者数の激減-
 
教団の活動実態とウソ情報
 
現信者の方、元信者の方ならば、よくご存知のことでしょうが「幸福の科学」というカルト的教団は、映画の放映と共に、活動信者1人当たりにつき「最低20回以上の鑑賞」を各人に要請します。
 
支部の活動信者たちは、「支部のノルマ」をクリアするためにも「鑑賞券」を数十枚単位で買わされて(1人当たり数万円~十万円ほどの負担)同じ映画を「何十回と見る」ことになります。
 
つまり、映画の観客動員数も、同じ活動信者が、1人で「何十回」も映画館に見に行って、重複分によってギリギリ「水増し」した結果なのです。
 
ちなみに、幸福の科学が過去に流した4本の映画(2000年以降)については以下ののサイトに興行実績(収入)の実データが掲載されています。
 
約10年間の会員数・信者数の推移をトレースすることができます。
 
<「クレヨンしんちゃん」に遠く及ばない興行収入>
 
2000年「太陽の法」邦画 年間ランキング 8位 14.6憶
2003年「黄金の法」邦画 年間ランキング 10位 17.0憶
2006年「永遠の法」邦画 年間ランキング 23位 12.5憶
2009年「仏陀再誕」 35位以下(推定50位前後)
 
邦画ランキング表 から ついに消える!!
2009年の「仏陀再誕」は、ランキング表にすら載っていません。
34位の『映画クレヨンしんちゃん カスカベ野生王国』の興行成績である10憶円をはるかに下回った、という実態を示しています。
「クレヨンしんちゃん」の足元に遠く及ばない・・なんとも「お粗末な実績」です。
 
時系列の実績データから分かるように、幸福の科学の「信者数・会員数」は、2000年~2003年頃に比べて明らかに減っていることの裏付けにもなるでしょう。「一般入場券の金額」が、興行収入総額と連動しているので、2003年「黄金の法」では多めの「17億円」になったのでしょう。(一般入場料の「単価」が、2000円弱と高めに設定されていたため。)
 
2000年以前については、データが無いので分かりませんが、いずれにしても、2000年代については、2005年以降の「急速な衰え」が目に付きます。
ちなみに、興行収入は「客単価」×「動員数」ですから、収入額を「客単価」である「一般入場料」で割ればおおよその「観客動員数」を算出することができます。
だいたい「20万~60万人」といったところでしょうか。
活動会員1人1人が「数十回」も見に行って、ようやく、この数字ですから、2000年前半は、活動信者数がだいたい2万~3万人、2000年後半になって活動信者数が1万人レベルにまで下がっている。
 
つまり、総選挙に突入するよりも以前に、2004年以降から、ジワジワと信者減少は始まっていたようです。
たぶん、会員のメイン年齢層(60歳以上)が関係していて、高齢化に伴って、活動から離脱していっているのでしょうね。
 
ランキングの順位も毎回落ち続けて、興行収入で見ても、一昨年の「仏陀最誕」においては、10億に届かず「5億~7億円」だったと想定されます。これは「これまでにない大失敗」です。
総製作費に 約2億円前後、興行コスト(映画館等の使用費)に 約5億円で「5~6億円」以上は掛っているでしょうから、もはや映画戦略は「赤字化」しつつある、という実態が分かります。

「幸福の科学」という教団が、いかに急速に「斜陽化」しているか、信者数の減少、「脱会」傾向に歯止めが掛らなくなっているか、ということを如実に物語っているのではないでしょうか?
 
もはや「過去の遺物」として、バブルが終わって消えていく「泡沫教団の1つ」でしかない現状です。
2012年には、映画を2本流すようですが、どんな「興行収入」の結果が出てくるのか、だいたい想像がつきますね。
教団にとっての「ファイナルジャッジメント」となりかねません。(合掌)

【転載元】
「幸福の科学」の「隠蔽された実態」 -元信者の証言- (by remonstrateHS氏)
http://hs7jittai7info.blog.fc2.com/
 
PR
Copyright c オーケーのブログ(「幸福の科学の隠蔽された実態-元信者の証言-(by remonstrateHS氏)」の記事保管庫) All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]